最近の投稿

さらに見る

会長挨拶 Greeting

西条ロータリークラブ 2018-2019年度会長 山田 謙慈

2018−2019年度RI会長バリー・ラシンは、会長テーマとしてBE THE INSPIRATION 「インスピレーションになろう」と掲げられました。ロータリーの魂、すなわち、より良い世界への切望、そしてより良い世界を作ることは可能だという、心の奥深くにある真の自覚を呼び起そう、そして影響力のある人間になろう、との願いが込められています。
テーマロゴは、左が海と波、右が太陽と光、というニュープロビデンス島の情景を想起させます。

また、RI第2710地区吉原久司ガバナーは、ガバナー信条「輝こうロータリー ふたたび!」、基本的目的「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」とされました。クラブの合理的運営と活性化を目指されているものと思います。会員増強については、増(ロータリーにふさわしい新会員を、意欲的に熱意を込め勧誘し)・強(会員に“魂”を入れ、組織の体質を強化する)を意識しましょう。

今年度の当クラブにおける重点課題は、PETS(Presidents-Elect Training Seminar)で私が最も感銘を受けたことの一つですが、「職業奉仕(忠恕)への想いを深め、そのリーダーシップを高めることで、増やそう仲間を!」。これはロータリーの原点でありますが、初心に戻って職業奉仕について理解を深め、それぞれの専門職務において、最高の倫理規範を守り、これを発揮すること、そして同じ想いを持つ仲間を増やすことです。

吉原ガバナーは、クラブの牽引法として、親睦と協力を培い、これまでの成果を生かしさらなる発展に努める、クラブの伝統文化の継続性を図る、すべてのクラブ会員が参加するよう配慮するとされています。

今年度は西条ロータリークラブの創立55周年にあたります。これまでのクラブの進んできた道を思い起こしながら、これを機に新たな事業の展開を企画し、またクラブ組織の構造改革により今から5年後、10年後さらにそれ以後のクラブの発展を願います。
皆様方のご理解、ご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。