会長挨拶 Greeting

2019-2020年度会長 小早川 清

 

2019-2020 RIテーマロゴ

 本年度RI会長マーク・ダニエル・マローニーさんのRIテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」というものです。わかりやすい言葉で、私も今まで幾つか国際的なロータリー活動をした経験がありますがまさしくこのことを実感しました。

 また、第2710地区 晝田眞三ガバナーの信条は「ロータリーの未来を語り、礎を築こう」というものですが、ロータリー活動に対して前向きな姿勢を表されていると思います。リーダーとしての心がまえを感じます。
 私はクラブというものは、様々な事情の中で暮らしておられる会員の方々にとって、より豊かになり、プラスになることに存在の意味があると思います。従ってそのようなクラブ作りを目指すということで「育てようみんなのクラブ」ということをモットーにしたいと思います。
 みんなのとは、今いる会員も、新しく入っていただく会員にとっても、又クラブを取り巻く日本社会の人々にも、さらに海外の人々も含めてと言う意味です。

 その点で課題もあります。
(1)ほっておけば会員数が減って元気がなくなるということです。なかなか入会していただくことはたやすくない時代と思いますが、できることはしたいと思います。
(2)多少の負担はやむを得ないと思いますが、省力化、合理化できることはしたいと思います。
(3)良い事業は続けるべきと思いますが、マンネリになってあまり意味をなさないものは無くしても良いと思います。一方で良いアイデアが浮かんで新しく始められることも良いと思います。

 今年度は、西条ロータリークラブ創立55周年の諸行事も終了し、60周年に向かって新たに歩み始める年です。先輩ロータリアンが築き続けてこられたロータリー活動を絶やすことなく歩み続けたいと思います。